ED治療・早漏治療 ・ 薄毛治療・AGA治療の悩みのことなら 医療法人社団 康英会 メンズクリニック ユナイテッド 全国7院



早漏治療薬について

ポゼット

ポゼットとは

ダポキセチンを主成分とした早漏治療薬「プリリジー」のジェネリック医薬品です。先発品であるプリリジーは2009年に開発され、ドイツ、スペイン、ポルトガルといった欧州各国を始め、シンガポールや韓国などアジア圏の国々でも認可を受けています。平均で約4倍程度の延長効果という早漏治療薬としての効果効能はもちろんのこと、安全性にも優れた薬剤であることがわかります。プリリジーのジェネリック医薬品であるポゼットも同様の効果効能を持ち、用量も30mgあるいは60mgと変わらないため、感覚的には全く同じ薬剤として服用可能です。

ジェネリック医薬品とは「先発品と同じ有効成分を同じ量含有しているため、同じ効果が見込める薬剤」ということができ、プリリジーとポゼットには、どちらもダポキセチンという有効成分が含まれています。値段が大幅に安くなるのは、先発品がゼロから開発され膨大な研究費や時間がかかるのに対し、ジェネリック医薬品はそういった様々なコストを抑えられるためです。決して効果が低かったり、品質が悪かったりするからではありません。

ポゼットの効果

ダポキセチンはSSRIと呼ばれる薬剤に分類されています。SSRIは抗うつ剤などメンタル系の症状に用いられることが多いですが、その中でも早漏治療薬としての適応があるのはダポキセチンだけです。ダポキセチンを服用すると精神に安定をもたらす神経伝達物質であるセロトニンの量が増加し、相対的に興奮や緊張の源となるアドレナリンの量が少なくなります。この効果が早漏の主要因であるセロトニン不足からくる過剰な興奮を解消し、射精までの時間を延長するという作用機序になっています。かつて早漏は「包茎だと亀頭が刺激に弱くなってしまう」といった説に代表される、陰茎の皮膚過敏による症状と考えられていました。しかし、現在では様々な研究や症例から包茎手術による早漏の改善効果は疑問視されており、セロトニン不足を解消するための服薬治療が一般的となっています。

注意点として、ダポキセチンはメンタル的なアプローチから早漏を改善してくれますが、早漏の全てがメンタル要因とは限りません。サブ的な要因として挙げられるのが勃起時の硬さ不足で、EDなどの要因で勃起時に充分な硬さが確保できなくなると感度が上がってしまい、同じような刺激を受けたとしても射精までの時間が短くなってしまいます。EDと早漏を併発する方が多いのはこのためです。ダポキセチンは残念ながら硬さを出す機能はありませんので、こういったケースではED治療薬の出番となります。基本的にどのED治療薬とも併用は可能ですが、効果が出るまでの時間が概ね同程度である点と、単純に最も効果が高く硬さが出やすい点から、バイアグラとの併用が特にお勧めです。余談ですが、海外では両成分を1つにまとめてしまった錠剤なども存在します。

ダポキセチンの飲み方

服用後1時間~1時間半で効果が表れた後、2~5時間持続します。概ね行為の1時間~3時間前の範囲で服用していただければ十分な効果を発揮できるでしょう。用量については、24時間以内に上限である90mgを超える摂取をしないようにしてください。ダポキセチンは食事の影響を全く受けないため、単体での服用ならば食事に気を付ける必要はありません。ただし、アルコールとの相性はED治療薬以上に悪く、普段以上にアルコールの作用が強く出てしまうおそれがあるためご注意ください。

ダポキセチンの副作用

頭痛やめまい、吐き気、倦怠感、口渇などの症状が報告されています。また、服用後に起立性低血圧を引き起こすことがあります。ただし、いずれも頻度としては10%未満と非常に低くなっています。基本的に深刻な症状を招くことはなく、服用回数の増加に伴い症状が収まる方も多いですが、どうしても不安であればお気軽に医師にご相談ください。

ダポキセチンを服用できない方

下記のいずれかに該当する方はダポキセチンの服用ができません。

  • NYHAII~IVの心不全の方
  • 重度の心臓弁膜症の方
  • 抗うつ剤を服用中の方
  • 中程度以上の肝障害の方
  • 他のSSRIなどセロトニン作動性を持つ薬剤を服用中の方

など

上記以外にも服用できない、あるいは服用の際は注意が必要なケースがあります。独断での服用は絶対に避け、必ず医師に相談のうえ服用を開始してください。

ポゼット処方

医療法人社団 康英会 ユナイテッドクリニック(メンズクリニック ユナイテッド)では、厚労省地方厚生局の輸入許可を得て希望する患者様にポゼットを処方しております。第三者機関で成分チェックを行うことで有効性・安全性を確保し、ジェネリック医薬品のメリットを最大限に活かした価格でポゼットをご案内しております。早漏治療を検討されている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

リドスプレー

リドスプレーとは

リドスプレーとは局所麻酔薬に使われるリドカインを主成分とした早漏防止用スプレーです。リドカインは世界中で広く使用される局所麻酔薬で安全性が高いことが知られています。尿道カテーテルの挿入の際に使用されており、噴霧時に尿道内に入り込んでも刺激痛は起きません。リドカインの麻酔効果で感度が低下し、早漏防止効果が得られます。

リドスプレーの使用方法

リドスプレーを陰茎に噴霧します。10分から20分ほどで感度が低下しますので、シャワーで軽く洗い流します。洗い流さず行為に及んだ場合、リドスプレーの成分がパートナーにも吸収され、感度が落ちる可能性があります。 感度の低下は個人差がありますので、使用開始は少量から噴霧をして感度を確認しながら使用量を決定してください。リドスプレーの使用量は1本で10回から15回分が目安です。リドスプレーは噴霧後、2時間ほど効果が持続します。

リドスプレーの注意事項

陰茎以外の場所に噴霧しても悪影響はありませんが、本来の使用目的外の使用は控えてください。リドカインに過敏症をお持ちの方は使用ができません。クラスIII不整脈薬やサルファ剤、その他局所麻酔薬との併用はできません。ポゼットやパキシルなどの内用早漏治療薬やバイアグラを始めとするED治療薬との併用は可能です。

パキシル

パキシルとは

パキシルは抗うつ剤の一種でSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される薬剤です。一般的にうつ病やパニック障害の治療の際に処方される薬剤です。パキシルは早漏治療薬ではありませんが、副作用に射精時間の延長効果が認められ早漏治療薬として処方を行っております。

パキシルの効果

性行為の5時間前に服用することで、射精までの時間が約30秒から90秒延長します。射精時間の延長効果が見られるのはおおよそ6人に1人と言われています。

パキシルの注意事項

パキシルはSSRIに分類され、他のSSRIとの併用が出来ません。安定剤などを服用中の方は服用後、14日間は併用禁忌になります。ポゼットを始めとするダポキセチン製剤との併用はできません。

ポゼットやプリリジーの承認以前は早漏治療薬として処方がされておりましたが、一部の方に好評を頂いております。
早漏治療薬としての承認はありませんが、治療実績があることから医療法人社団 康英会 ユナイテッドクリニック(メンズクリニック ユナイテッド)では継続処方を行っております。


関東

関西

診療時間

診療科目 ※午前・午後診など 診療時間
平日土曜午前 11:00~15:00 × ×
平日土曜午後 16:00~20:00 × ×
日曜祝日午前 10:00~15:00 × × × × × ×
日曜祝日午後 15:45~17:00 × × × × × ×

●:診療可 ×:休診 ▲:特殊
日曜祝日は10時~17時の時間に変更になります。
月~土の休診時間は15:00~16:00になります。
日・祝の休診時間は15:00~15:45になります。