バイアグラに含まれる成分は?主成分からみる効果や添加物の影響について

ED(勃起不全)かと思ったらお気軽にご相談ください!

  • 電話診療予約専用ダイヤル

  • 予約フォームで電話診療予約

公開日:2024年03月30日 更新日:2024年03月30日

バイアグラに含まれる成分は?主成分からみる効果や添加物の影響について

バイアグラの主成分は「シルデナフィル」です。もともとは狭心症の治療薬として開発が進められていました。


臨床研究で勃起を促進させる効果が認められ、現在ではED治療薬として使われています。


今回はバイアグラの主成分であるシルデナフィルの効果や、添加物について解説します。バイアグラについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

ユナイテッドクリニック総医院長

細田 淳英

【経歴】

平成15年3月 帝京大学医学部卒業
平成15年5月 帝京大学医学部付属病院勤務
平成19年4月 帝京大学ちば総合医療センター勤務
平成22年4月 山王病院勤務
平成25年10月 池袋ユナイテッドクリニック開院
全国対応

電話診療(オンライン診療)

ご来院の必要がなく、10分程度のお電話のみで、その場ですぐに処方を受けられます。
遠方の患者様も移動の時間や交通費が節約できます。
料金は、薬剤代金と郵送代のみで、その他の費用は一切かかりません。


10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送
(全国対応)

バイアグラの主成分(有効成分)はシルデナフィル

バイアグラの主成分(有効成分)はシルデナフィルで、概要は以下の通りです。

製剤名 バイアグラ錠
総称名 シルデナフィル
有効成分
(一般名)
シルデナフィルクエン酸塩
薬効分類名 勃起不全治療剤

(※1)

シルデナフィルクエン酸塩は白色の結晶〜粉末ですが、バイアグラ錠は青色、バイアグラODフィルムは薄い赤色に着色されています。

ジェネリック医薬品の場合は、総称名の「シルデナフィル」が製剤名となります。

(※1 参考)医薬品医療機器総合機構(PMDA)|バイアグラ錠25mg/バイアグラ錠50mg/バイアグラODフィルム25mg/バイアグラODフィルム50mg

バイアグラの主成分「シルデナフィル」の作用機序

バイアグラの作用機序

バイアグラの主成分シルデナフィルは、「PDE-5」という酵素の働きを阻害する薬です。

そもそも勃起は、性的刺激を受けた際にcGMPと呼ばれる物質が放出され、陰茎内の血管を拡張することで起こります。血管が拡張することで血流が増え、勃起状態となるのです。

PDE-5には勃起を引き起こすcGMPを分解する働きがあります。

バイアグラを服用するとPDE-5の働きが阻害されるため、cGMPが十分に働き、ED改善が見込めるのです。

シルデナフィルがバイアグラの有効成分として採用された背景

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルはアメリカの製薬会社「ファイザー」で、もともとは狭心症の治療薬として開発が進められていました。

結果、狭心症への効果は認められませんでしたが、副作用として勃起を改善する効果が発見されました。これが、バイアグラがED治療薬として販売されるようになったきっかけです。

服用するだけで勃起力が向上するという画期的な効果により、バイアグラは世界中で大きな需要を生みました。

しかし、販売当初は不適切な使用による死亡事例が発生しました。日本においても1998年に、高血圧・糖尿病・不整脈を治療中の男性がバイアグラを服用し、死亡する事例が発生しています。

安全性を確保する目的もあり、アメリカで販売開始された翌年1999年に、日本でも処方箋医薬品として承認されたのです。

バイアグラの主成分「シルデナフィル」による副作用

シルデナフィルの副作用には、以下のようなものがあります。

発現率 副作用
1%以上 ・顔のほてり(5.87%)
・頭痛(3.87%)
0.1~1%未満 ・胸痛、動悸
・めまい
・吐き気(悪心)
・消化不良、腹痛
・下痢

(※1)

シルデナフィルの副作用は、服用から30〜40分ほど経ったタイミングで現れ始めます。副作用はほとんどの場合一時的で、薬の効果が切れるとともに治まります。

正しく服用すれば、基本的には重篤な副作用は現れません。

(※1 参考)医薬品医療機器総合機構(PMDA)|バイアグラ錠25mg/バイアグラ錠50mg/バイアグラODフィルム25mg/バイアグラODフィルム50mg

バイアグラの添加物

バイアグラの添加物は、以下の通りです。

バイアグラ錠 ・結晶セルロース
・無水リン酸水素カルシウム
・クロスカルメロースナトリウム
・ステアリン酸マグネシウム
・ヒプロメロース
・乳糖水和物
・酸化チタン
・トリアセチン
・青色2号
バイアグラ
ODフィルム
・ヒドロキシプロピルセルロース
・マクロゴール400
・クロスポビドン
・ポビドン
・スクラロース
・ポリビニルアルコール・ポリエチレングリコール・グラフトコポリマー
・l-メントール
・ヒプロメロース
・酸化チタン
・三二酸化鉄

薬に含まれる有効成分以外の物質を、医薬品添加剤といいます。

添加物を使用する目的は、以下の通りです。

  • 薬の飲みやすさを向上する
  • 薬の安定性を向上する
  • 有効成分の有用性を高める
  • 薬を形作る

(※1)

添加物は生態に及ぼす作用がなく無害であることや、有効成分の治療効果を妨げないことが決められています(※2)。

そのため、添加物の種類によって効果が変わったり人体に悪影響が及ぼされたりすることはありません。

(※1 参考)医薬品医療機器総合機構(PMDA)|医薬品添加剤
(※2 参考)日本ジェネリック製薬協会|添加剤

バイアグラは先発薬とジェネリックで成分が変わる?有効成分は変わらない

ジェネリック医薬品は先発薬と添加物が異なる場合がありますが、有効成分は同じであるため、効果には影響ありません。

先発薬と異なる添加物を使用する際は、有効性や安全性が先発薬と同じであることが確認されてから、製造・販売されます(※1)。

なお先発薬と異なる添加物を使用する理由としては、特許の関係で同じ添加物を使えないことや、製剤を改善する目的などが挙げられます(※2)。

(※1 参考)日本ジェネリック製薬協会|ジェネリック医薬品を知りたい方へ
(※2 参考)日本ジェネリック製薬協会|添加剤

バイアグラと同じ主成分の薬を飲めば、ED治療の効果は期待できる?

主成分がシルデナフィルの薬には「レバチオ」もありますが、ED治療薬としては使用できません。

レバチオは肺動脈性高血圧症の治療薬であり、服用目的や用法用量がバイアグラとは異なるためです。

目的 肺動脈性高血圧症の治療
働き 肺動脈を拡張し、血圧を下げる
用法・用量 1回20mgを1日3回内服する

(※1)

「レバチオは保険適用だからバイアグラより安く済むのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、保険適用されるのは肺動脈性高血圧症の治療に用いられる場合のみです。

また、万が一重篤な健康被害が生じた場合でも国の救済措置を受けられなくなるため、自己判断でレバチオを服用するのはやめましょう。

【医師からのコメント】

レバチオの主成分はバイアグラと同じシルデナフィルですが、肺動脈性高血圧症の治療薬として承認を得ているお薬ですのでED治療薬ではありません。

レバチオをED治療目的で使用した場合は適応外使用となり、重篤な副作用を生じても国の救済制度が受けられませんので注意しましょう。

(※1 参考)医薬品医療機器総合機構(PMDA)|レバチオ錠20mg /レバチオODフィルム20mg /レバチオ懸濁用ドライシロップ900mg

当院におけるバイアグラ(主成分:シルデナフィル)の価格

当院におけるバイアグラの価格は以下の通りです。

バイアグラジェネリック 25mg 1錠 290円〜490円
10+2錠 2,900円〜4,900円
50mg 1錠 780円〜980円
10+2錠 7,800円〜9,800円
10+3錠 7,800円〜9,800円
100mg 1錠 1,350円
10+2錠 13,500円
10+3錠 13,500円
バイアグラ
日本ファイザー純正品
50mg 1錠 1,290円
10+1錠 12,900円
バイアグラODフィルム
日本ファイザー純正品
50mg 1枚 890円
10+1枚 12,900円

初診・再診の方は10錠まとめ買いをすると、2錠プラスで処方されるためお得です。

また、セカンドオピニオン外来を受診される場合は、10錠+3錠となります。セカンドオピニオン希望の方は、他の医療機関を受診したことがわかるもの(診察券・薬袋等)をお持ちください。

10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送(全国対応)電話診療(オンライン診療)のご案内

まとめ

バイアグラの主成分は「シルデナフィル」です。動脈を拡張し陰茎への血流を増加させることで、勃起を促します。

薬剤には安定性・有効性の向上や薬を飲みやすくするために添加物が含まれますが、治療効果への影響はなく、人体への悪影響のありません。

当院ではバイアグラの処方をオンラインでも実施しているので、服用を希望する方はお気軽にご相談ください。

10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送(全国対応)電話診療(オンライン診療)のご案内

関連コラム

ED(勃起不全)かと思ったらお気軽にご相談ください!

  • 電話診療予約専用ダイヤル

  • 予約フォームで電話診療予約

簡単診断!5つの質問に答えるだけ!

ED簡単セルフチェック