うつ病とEDの関係は?症状や治療法も解説

ED(勃起不全)かと思ったらお気軽にご相談ください!

  • 電話診療予約専用ダイヤル

  • 予約フォームで電話診療予約

公開日:2023年12月27日 更新日:2023年12月27日

うつ病の方は、EDになりやすいことがわかっています。


「受診はしていないけど、気分の落ち込みを感じている」

「うつ病の治療で抗うつ薬を服用している」


という方が勃起力の低下を感じる場合、うつ病が原因でEDを発症しているかもしれません。


今回はうつ病とEDの関係や、うつ病に起因するEDの治療法を解説します。

この記事の監修者

ユナイテッドクリニック総医院長

細田 淳英

【経歴】

平成15年3月 帝京大学医学部卒業
平成15年5月 帝京大学医学部付属病院勤務
平成19年4月 帝京大学ちば総合医療センター勤務
平成22年4月 山王病院勤務
平成25年10月 池袋ユナイテッドクリニック開院
全国対応

電話診療(オンライン診療)

ご来院の必要がなく、10分程度のお電話のみで、その場ですぐに処方を受けられます。
遠方の患者様も移動の時間や交通費が節約できます。
料金は、薬剤代金と郵送代のみで、その他の費用は一切かかりません。


10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送
(全国対応)

うつ病とEDの関係は?

ED診療ガイドラインによると、うつ病はEDのリスクファクターの一つです。

国内の40〜64歳の男性1,419名を対象にした研究では、うつ症状がある方は通常に比べてEDを発症しやすいことが認められました(※1)。

うつ病によるED発症には、下記の2パターンが考えられます。

  • うつ病がEDを引き起こす(心因性ED)
  • 抗うつ薬がEDを引き起こす(薬剤性ED)

それぞれ詳しく解説します。

(※1 参考)Hiroki Sugimori, Katsumi Yoshida, Toshiaki Tanaka, Katsuyuki Baba, Takayasu Nishida, Ryuto Nakazawa, Teruaki Iwamoto|Relationships between erectile dysfunction, depression, and anxiety in Japanese subjects

うつ病がEDを引き起こす(心因性ED)

うつ病は精神的な要因で発症する「心因性ED」の原因の一つです。心因性EDは身体的な問題とは関係なく、比較的若い男性でも発症します。

心因性EDはストレスやトラウマが主な原因で、うつ病による抑うつ症状も含まれます。

抑うつ状態で性欲が低下すると陰茎に興奮が伝わらないため、陰茎海綿体に十分な血液が送られず勃起できなくなるのです。

うつ病は、神経伝達物質が減少する病気だと考えられています(※1)。神経伝達物質が減少すると脳内で興奮が伝達されないため、性欲が湧きにくくなります。

(※1 参考)厚生労働省 こころもメンテしよう|うつ病

【医師からのコメント】

EDは精神的な要素も大きい疾患ですので、うつ病になるとEDを引き起こす可能性があります。

実際に当院にEDの相談に来られる患者さまの中にも、うつ症状をお持ちの方は珍しくありません。

抗うつ薬がEDを引き起こす(薬剤性ED)

抗うつ薬の副作用としてEDを発症する場合もあります。常用している薬が原因で発症するEDを薬剤性EDといいます。

抗うつ薬にはさまざまな種類があり、すべての薬剤がEDを引き起こすわけではありません。主に下記の薬剤が、ED発症と関連があるといわれています。

薬剤 主な製品名
セロトニン再取り込み阻害薬(SRI) ・レクサプロ
・ジェイゾロフト
・パキシル
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI) ・サインバルタ
・トレドミン
・デュロキセチン
三環系抗うつ薬 ・イミドール
・トフラニール
・アナフラニール
・スルモンチール
・ロフェプラミン塩酸塩
・アモキサン

※1

作用機序は異なりますが、どの薬でも脳内の「セロトニン」を増やす効果があります。セトロニンが増えると性欲に関わるドーパミンが減少するため、勃起しにくくなるのです。

また抗うつ薬は、性欲低下やEDの原因となる高プロラクチン血症を引き起こす恐れがあります。

(※1 参考)日本性機能学会/日本泌尿器科学会|ED診療ガイドライン

【医師からのコメント】

うつ病の治療に用いられる抗うつ薬には性欲に関わるドーパミンという物質を減少させる作用があるため、抗うつ薬が原因で薬剤性EDを発症するケースがあります。

当院でも抗うつ薬を服用中にED症状を訴える患者さまは一定数いらっしゃいます。

うつ病に起因するEDの症状

うつ病によって起こるEDには、下記の症状があります。

  • 勃起しない/しづらい
  • 勃起はするは、硬さが足りない
  • 挿入時は勃起しているが、途中で勃起が収まる(中折れ)

これらは、抑うつ症状や薬の副作用による性欲低下が主な原因です。

EDの症状は勃起しないことだけではないため、「以前よりも硬さが足りない」「射精までに時間がかかる」という方は、受診を検討しましょう。

うつ病で射精できないのもEDの症状?

射精できないのは「射精障害」であり、EDとは別の疾患と定義されます。

しかし、EDで勃起力が低下した結果、感度の低下や中折れが起こり、射精障害に繋がるケースもあります。

うつ病に起因するEDの治療方法

うつ病に起因するEDの治療には、下記のような方法があります。

  1. うつ病の治療
  2. ED治療薬の内服

詳しく解説します。

1.うつ病の治療

まずは、EDの原因となっているうつ病を治療することが大切です。ED治療薬の内服でもEDは改善しますが、うつ病がある限り根本的な改善には繋がりません。

ED診療ガイドラインでは、抗うつ薬による薬剤性EDが発覚した場合、患者が抗うつ薬を服用しなくなりうつ病の治療に失敗する可能性が指摘されています。

うつ病悪化はEDの悪化にも繋がるため、薬の内服は自己中断しないようにしましょう。

「憂うつな気分や意欲低下があるが受診していない」という方は、まずは心療内科や精神科の受診を推奨します。

2.ED治療薬の内服

うつ病治療と並行してED治療も行いましょう。

勃起できないことがストレスや不安となり、うつ病を悪化させるおそれもあります。

ED治療では主に内服治療が行われます。うつ病をはじめとする精神面に起因するEDにも、ED治療薬は有効です(※1)。

代表的なED治療薬には下記のようなものがあります。

バイアグラ

バイアグラ

レビトラ

レビトラ

シアリス

シアリス

特徴 世界的に知名度のあるED治療薬 即効性が高い 作用時間が長い
ジェネリックの名称 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
効果が現れるまでにかかる時間 30分~1時間 15分~30分 1~3時間
効果の持続時間 3~5時間 5~8時間 30~36時間
食事による影響 受けやすい
(空腹時の服用が推奨される)
やや受けにくい 受けにくい

ED治療薬を性行為の30分〜1時間前に服用すると、勃起しやすい状態になります。

ED治療薬を処方してもらう際は、薬を安全に服用するためにうつ病の治療中であることを伝えましょう。

(※1 参考)日本性機能学会/日本泌尿器科学会|ED診療ガイドライン

【医師からのコメント】

うつ病を治療中の方に対しても、バイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬は効果を発揮します。

うつ病でED症状をお持ちの方は、お一人で悩まず医師にご相談ください。

10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送(全国対応)電話診療(オンライン診療)のご案内

精神科でED治療薬は処方してもらえる?

精神科ではED治療薬を処方してもらえないものの、ED外来や泌尿器科が併設されている場合は、ED治療薬を処方してもらえる可能性があります。

かかりつけの医療機関で処方してもらえない場合は、EDクリニックや泌尿器科を受診しましょう。通院が難しい場合はオンライン診療もおすすめです。

まとめ

うつ病の方は抑うつ症状や薬の副作用によって性欲が低下し、EDを発症する場合があります。

うつ病が原因でEDを発症した場合、まずはうつ病の治療を行いましょう。すぐにEDを改善したいという方は、うつ病治療と並行してED治療薬を内服するのがおすすめです。

10分程度の電話診療ですぐ処方|お薬を郵送(全国対応)電話診療(オンライン診療)のご案内

関連コラム

ED(勃起不全)かと思ったらお気軽にご相談ください!

  • 電話診療予約専用ダイヤル

  • 予約フォームで電話診療予約

簡単診断!5つの質問に答えるだけ!

ED簡単セルフチェック